FC2ブログ

立ち回る際の基本的考え方(きち吉の場合)

パチンコ・スロットに魅せられ 打ちまくり そしてより面白い台を作ろうという 人のたんなる日常
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高設定狙いという
スロットの立ち回りっていうのは言い換えるならサバイバルバトルのようなもの。

自分がホールにいくときにほとんどの場合が

1・指定機種に設定6がある。
2・店内に全台6コーナーがある。
3・1/2・1/3で6のようなコーナーがある。

上記条件にあてはまる場合にホールへ行きます。
自分の行動範囲にそういいったホールがない日は基本的に休みます。

それをふまえて、スロットというのは完全にサバイバルバトルだと思っています。

設定判断要素が強い台が上位で弱い台が下位という生き残り戦です。


たとえば1の内容のイベントで稼動していたとして
自分の台の設定判断要素がすべて設定1より悪いとしても
ほかの台の設定判断要素が自分より弱ければ自分はまだヤメてはいけないのです。

自分よりも強い台が出てきてはじめてヤメることを考えるわけですね。

全台6コーナーや1/2コーナーを探しているときも同じです。
コーナー全体で見たときに自分が一番強いコーナーにいるうちは延々とそこに残るがベストです。
たとえ自分の台がまったく良いところがなくても他に6っぽい台があるとか
そのほかのコーナーはまったく強い要素がないとか、そういった状況では自分の台は弱くても
やはり、設定6の可能性は高いわけです。機種にもよりますが・・・



まぁ、ただ、最近のART機種の場合見た目での判断も難しいですし、
隣の台以外は正確な情報を得ることも難しいですが・・・

自分がよく考えているのは3000プレイまわしても強くならない台よりは
1000プレイしか回ってなくて放置されているような台のほうが可能性がある。
と思っています。

なので、とくに指定機種に6が見つからない。といった状況では回転数の少ない状態で放置されている台は
強くも弱くもない、ニュートラル台であることに注意して立ち回るのがよいのでは。

と自分に言い聞かせている毎日です(笑)




ランキング参加中です(m。_。)m オネガイシマス
人気ブログランキングへ←ポチッとな
←ついでにこっちもポチっとな


スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://makepachislot.blog69.fc2.com/tb.php/115-85dbd529
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © パチらくスロかつ All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。